FEATURES

本校の5つの特徴

FEATURES 03
アルバイトや学生社員で働くことを新たな学びに

昼間に働き、夜間に学ぶ

当校では、"働きながら学ぶ" ことを積極的に評価しています。
それは"働くこと" は、将来の自立の準備として重要だからです。特に当校では夜間部に「働きながら学ぶ制度」を導入しています。この制度は、本校が紹介する提携企業に学生社員として就職し、昼間に働き、夜間に学ぶ制度です。
また、学費の支払方法も、入学時に入学金8 万円納めることでスタートでき、2 年間の学費も24 回にわけて毎月納める方法により、働いた給料の中から学費を納めることができます。保護者に負担をかけずに自力で進学したい方や経済的な問題で悩んでいる方におすすめの制度です。
働きながら学ぶ
仕事も学校もとても充実です!
授業
授業
学校は18:00~21:00。ビデオコンテンツと対面授業を組み合わせて学びます。
昼間の仕事
昼間の仕事
昼間働く企業は自分で選ぶことができます。入学前に入社試験があります。
住まい
家具家電つきのお部屋
住まいの選択は自由。希望者には学生向けの万書や寮をご紹介します。

“働きながら学ぶ”ことの メリット

01
働くことで単位を得る
働きながら学ぶことのメリット01
提携企業で働くことで単位を取得でき、卒業時には短期大学卒業と同等の学歴である「専門士」が付与されます。卒業後は、2年間学生社員として働いた提携企業に就職する学生も多くいます。
02
夜間部で学ぶ
働きながら学ぶことのメリット02
夜間は仕事に役立つ専門知識などを集中して学びます。昼間、働く中で感じた自分に足りない専門知識やスキルは、学校の授業でフォローすることができるので、仕事と学びがマッチングするというメリットがあります。
03
企業と学校のサポート
企業と学校のサポート
働きながら学んで卒業するのは大変なこと。大変でもがんばって卒業まで継続するからこそ、企業や社会から高く評価されています。大変だからこそ、最後までがんばれるように、企業と学校が、仕事と勉強の両立をサポートしています。
04
実務経験を積む
ホテル・サービス02
提携企業で2年間働くことで短期のインターンシップでは得られない実務経験を積むことができます。
05
社会保険に加入
社会保険
昼間の仕事はアルバイトではなく、ハローワークを通した「高卒求人票」で働きます。社会保険に加入することもできるため、安心して“働きながら学ぶ”ことができます。
06
住まいは自由に選択
住まいは自由に選択
学生寮に入寮する、学生マンションなどで一人暮らしをするなど、住まいに関しては自由に選択できます。もちろん自宅から通勤・通学する学生も多くいます。

提携企業

働きたい企業は自分で選ぶことができます。高卒求人票で仕事の内容・就業時間・給料等を確認し、興味のある企業をお選びください。所得税・社会保険控除前の平均給与は約18万2000円です(2022年3月現在)。 ※年度によっては求人がない場合もありますので、採用に関しては働きながら学ぶ事務局までお問い合わせください。

販売の仕事

  • ユニクロ
  • モスバーガー
  • アイシーズン(ファミリーマートFC店)
  • ヴィ・ド・フランス(山崎製パングループ)
  • シモジマ
  • 新鮮組本部(ローソンFC店)
  • 東急ストア
  • デイリーヤマザキ(山崎製パン)
提携企業1

事務の仕事

  • 共立ファイナンシャルサービス
  • 久世
  • 冨士運輸
好きな仕事を選べます!
提携企業2

ホテル・レストランの仕事

  • 帝国ホテル
  • 東京ドームホテル
  • 東天紅
  • ホテルザセレスティン東京芝
  • ホテルニューオータニ
  • ロイヤルパークホテル

※一部企業は学生社員受け入れ企業情報となります
提携企業3

働きながら学ぶ制度の費用

入学前に必要な費用 入学金80,000円
入学後に必要な費用 毎月62,000円
※学費分納に際し、利息や手数料はかかりません。またローン会社等との契約はありません。
※2年間の授業料1,490,000円÷24回(24ヶ月)
※上記学費には教科書代・実習費・施設費が含まれています。資格試験の受験料は別途用意が必要です。

働きながら学ぶ制度の住まい

ご希望の方には住まいに関するご案内をいたします。


(例)
働きながら学ぶ学生のための学生寮
(株式会社共立メンテナンス)
入寮費100,000円 毎月67,200円 
※水道代が含まれています。
※朝夕食事がサービスとなりますが、早朝から勤務する場合は場合は朝食を摂れない場合があります。
※別途電気代・Wi-Fi等の費用がかかります。
学生マンション
(株式会社毎日コムネット)
学生マンションのページにリンク
株式会社ミニミニ ミニミニのページにリンク

1ヶ月の収支(例)

収入(単位:円)
給料 約182,000円
所得税・社会保険控除 約▲30,000
合計 約152,000
支出(単位:円)
学費 62,000
昼食代・生活費等 約40,000
合計 約102,000
※提携企業ごとに支給される給料は異なります。
※学生寮・学生マンションを利用する場合は、別途住まいに関する費用が必要です。

働きながら学ぶまでの流れ

01
働きたい企業を選ぶ
働きながら学びたい企業を自分で選びます。
求人票は7月以降随時公開いたします。
働きたい企業を⾃分で選ぶことができます。働きながら学ぶ制度の⾼卒求⼈票で、給与・勤務時間等を確認しましょう。

⾼卒求⼈票はオープンキャンパス・個別相談・進学ガイダンス等でお渡しいたします。オープンキャンパス等への参加が難しい⽅はお送りいたしますので、お気軽にご連絡ください。
  • 原則としてハーローワークを通した「⾼卒求⼈票」で「学⽣社員」として働きます。
  • アルバイトではありませんので履歴書に職歴として記載が可能です。
  • すべての提携企業で、社会保険に加⼊できます。
  • ⼀部企業は、学⽣社員受⼊企業情報での紹介となります。

高卒求人票
02
働きながら学ぶ制度にエントリー
学びたい学科と、働きたい企業が決まったらWEBからエントリーをお願いします。
働きながら学ぼう!と決めたらWebで「企業エントリー」をお願いします。

採⽤枠の関係等でご希望に添えない場合には、本校よりご連絡いたしますので、改めて働く企業について相談しましょう。

また、学⽣寮をご希望の⽅は、学⽣寮欄にチェックしてください。
企業エントリーは願書ではありませんので、提携企業の就職試験を受験する前であれば、学科等の変更または辞退することもできます。
提携企業には「採⽤枠」がありますので、働きたい企業が決まった⽅はお早めに申込みされることをお勧めいたします。
原則として申込書が提出された順番に⼊社試験⽇等のご案内をいたします。
03
書類準備
入学と入社に必要な書類を準備します。すべて揃ったら本校まで郵送してください。
04
入社試験/入学選考
本校の入学選考と企業の入社試験を同時に進めます。
05
入社&入学
提携企業の試験に不合格だった場合は、再度別の企業を選んで受験することができます。

働きながら学んだ学生インタビュー

秋田県出身Mさんに聞いてみました。
コンビニエンスストアで働きながら学び、大手ホテルへの就職を実現した秋田県出身のMさんに、働きながら学んだ感想を聞いてみました。
上京して働きながら学んだきっかけ、実際に働きながら学んだ感想、仕事内容と勉強内容、みさなんへのメッセージについて、ぜひご覧ください。

働きながら学ぶ制度に応募したい方はこちらから
働きながら学ぶ夜間部2学科