MENUCLOSE

CLOSE

ビジネスキャリア学科
昼間部・夜間部2年制

販売・営業,事務・経理のプロをめざす

ビデオコンテンツによる学習と学校での対面学習を組み合わせた「新しい学び方」で、販売・営業,事務・経理などのビジネス分野のプロをめざします。
経営・ショップビジネスコース

活躍の場

販売・営業

小売・流通業界での販売職
幅広い業界の営業職などをめざす

販売営業

事務・経理

幅広い業界で活躍できる
事務職・経理職をめざす

事務経理

販売・営業,事務・経理のプロをめざす

POINT
1

ビデオ授業と対面授業による
ハイブリッド学習

資格試験科目を中心にビデオ学習を導入。自分のペースやアルバイトなどのスケジュールに合わせて学習を進める、学校での対面授業でより理解を深めることができます。
POINT
2

リテールマーケティング
検定の1科目が免除

本校の学生は、事前講習を受けることにより、リテールマーケティング(販売士)検定5科目のうち1科目免除の特典があります。
POINT
3

少人数クラスで、いつでも
相談しやすい環境

少人数クラスにより、資格試験や就職活動における不安や悩みごとをいつでも相談でき、また一人ひとりに合わせた指導を実践しています。

働きながら学ぶ制度(夜間部)

働きながら学ぶ2年間

保護者に負担をかけずに自分のチカラで学ぶ。

本校の働きながら学ぶ制度は、昼は学生社員として提携企業で働き、夜は夜間部で資格取得・希望する業界への就職をめざして学ぶ「自力進学」の制度です。保護者に負担をかけずに自分のチカラで進学を実現したい方、社会に出る前にきちんと実務経験を積みたい方にオススメの制度です。

  • 働くことで単位を得ることができる。
  • 働くことで得られた給料から、自分で学費を納めることができる。
  • 働くことで得られた実務経験を​面接試験や将来の自分に活かすことができる。

経済的な問題を解決できるのもはたら働きながら学ぶ制度の大きなメリットです。

カリキュラム(例)

入学からビジネスキャリア学科共通の「キャリアガイダンス」を実施。販売・営業,事務・経理、ホテル・サービス、不動産・宅建士の分野について、職種・業界に関する知識や自分自身の適性などから、自分が進むべき分野を選択します。なお学校での学びやアルバイトなどの経験を通して、自分がなりたい将来のイメージは変化するものなので、めざすコースの変更は可能です。

東京商科・法科学院専門学校

1年次

共通科目授業方法選択科目授業方法
キャリア教育対面授業リテールマーケティングVOD対面授業
日商簿記3級/FP3級VOD対面授業カラーコーディネートVOD対面授業
情報リテラシーVOD対面授業日商簿記2級VOD対面授業
クラス演習対面授業  
MOS Word 対面授業  

2年次

共通科目授業方法選択科目授業方法
キャリア教育対面授業 ITパスポートVOD対面授業
ビジネス実務法務VOD対面授業ビジネス能力検定対面授業
MOS Excel対面授業  
eビジネス対面授業  
プレゼンテーション対面授業  
秘書検定VOD対面授業  
クラス演習対面授業  

ピックアップ授業

リテールマーケティング(販売士)Ⅰ~Ⅵ

ダミー:経営学Ⅰ・Ⅱ

「小売業の類型」「マーケティング」「ストアオペレーション」「マーチャンダイジング」について学びます。事前講習を受けることで本校の学生は「販売・経営管理」の科目が免除されます。
日商簿記

簿記

「日商簿記検定」の合格をめざし、段階的に簿記を学びます。基礎からしっかり学ぶことができるので、初めて簿記を学ぶ方も安心して学ぶことができます。
コンピュータ実習

PC

PCについて基礎から学び、「Microsoft Office Specialist(MOS)」のWord・Excelの合格をめざします。学内にPCルームがあるので、PCを持参する必要はありません。

販売・営業,事務・経理のプロをめざす(昼間部)の時間割例

 
1限目
9:30-11:00
リテールマーケティング簿記プレゼンテーション簿記情報リテラシー休日休日
2限目
11:10-12:40
リテールマーケティング簿記 ITパスポート簿記簿記
3限目
13:40-15:10
キャリア教育キャリア教育 MOS MOS簿記
4限目
15:20-16:50
クラス演習    

※時間割は時期によって異なります

販売・営業,事務・経理のプロをめざす(夜間部)の時間割例

 
DAY TIME提携企業で就業(原則週5日勤務、2日休み)
働き先によって休日は異なります。
1限目
18:00-19:30
リテールマーケティングリテールマーケティング簿記プレゼンテーション情報リテラシー休日休日
2限目
19:40-21:10
キャリア教育カラーコーディネート MOS MOS簿記

※時間割は時期によって異なります

就職と資格

学科共通の科目「日商簿記検定3級」「ビジネス実務法務検定」「Microsoft Office Specialist(MOS)Word・Excel」「秘書検定」のほかに、「リテールマーケティング検定」「ビジネス実務検定」「プレゼンテーション技能認定試験(PowerPoint)」「色彩検定」「ITパスポート」などを選択することができます。
※入学時に日商簿記検定3級をすでに取得している方は、FP技能士3級の取得をめざします。
※カリキュラムの内容は変更となる場合があります。


目指せる職業例

  • 販売職
  • 営業職
  • ショップスタッフ
  • バイヤー
  • 起業
  • 事務職
  • 経理職

目指せる資格例

  • 日商簿記検定2・3級
  • ビジネス実務法務検定
  • Microsoft Office Specialist(MOS)Word・Excel
  • リテールマーケティング(販売士)検定2・3級
  • 色彩検定
  • ビジネス能力検定
  • PowerPointプレゼンテーション技能認定試験
  • その他

先輩からのメッセージ

経営・ショップ

株式会社大賀(紳士服メーカー)
東京都立蔵前工業高等学校出身 昼間部卒業 Fさん
資格取得でも就職活動でも
いつでも頼れる先生がいる


将来は接客や販売の仕事がしたかったので、マーケティングや経営について学ぼうと思い進学を決めました。リテールマーケティング検定の取得に向けて、科目ごとにしっかり学ぶことができたし、過去問題などの試験対策も充実していたと思います。

専門学校の2年間はとても短く感じますが、いろいろな資格に挑戦することができたし、就職活動でもたくさんの先生が相談に乗ってくれました。いつでも頼れる先生がいるというのは心強かったし、安心できました。

事務・経理

株式会社なとり
神奈川県立荏田高等学校出身 昼間部卒業 Kさん(左)
東京都立江戸川高等学校出身 昼間部卒業 Sさん(右)
同じクラスで一緒に学び、
同じ企業に一緒に就職。



《SHOKA&HOKA》本校での2年間で印象に残っている授業はなんですか?
《Kさん》私はやっぱり毎日あった簿記の授業が印象に残ってます。
《Sさん》簿記の勉強もたくさんしたので印象に残ってますが、私は秘書検定の授業かなぁ。教科書に載っていないような社会人のマナーも教えてもらえたので、すごく勉強になりました。
《SHOKA&HOKA》ふたりともたくさん資格とってましたよね。
《Kさん》資格をとるための授業が多かったので、とれる資格は結構とれたんじゃないかな。
《Sさん》日商簿記検定と秘書検定とMOSのWordとExcelとビジネス文書検定と・・・。
《Kさん》あとコンピュータ会計能力検定とか。
《SHOKA&HOKA》就職活動はどうでしたか?
《Sさん》とにかく笑顔でいようと心がけていました。明るく笑顔で元気よく(笑)
《Kさん》そう、第一印象がとても大事なので。あと身だしなみとか。
《Sさん》就職活動は緊張することもたくさんありますが、ストレスをためないことも大事だなって思います。たまには友だちと遊びに行って楽しむことも、就職活動を乗り切るには大切だと思います。
《Kさん》周りのみんなが本格的に就職活動を始め出すと、どうしても周りと自分を比較しちゃって焦りがちになるんですが、自分のペースや、自分のスタイルを大切にしたほうがいいと思います。

夜間部

株式会社東天紅
沖縄県立糸満高等学校出身 夜間部卒業 Mさん 
働きながら学ぶことで、自分の成長を実感できる。

学校でマーケティングなどについて勉強しているので、学んだことを仕事に活かすことができるし、仕事ではお客様へのサービスというものをしっかり学ぶことができたので、自分自身の成長を実感することができました。働きながら学ぶのは大変でしたが、1日1日をがんばることで将来をイメージできるようになりました。上京するときには不安もありましたが、先生や職場の皆さんに助けられながらがんばることができた2年間だったと思います。