MENUCLOSE

CLOSE

経営・事務ビジネス学科
昼間部2年制

事務・経理ビジネス
コース

日商簿記検定を取得して事務職や経理職としての就職をめざします。卒業時に「専門士」が付与されます。
事務・経理

活躍の場

一般事務

オフィスワーク全般を担当する
企業にはなくてはならない存在

電話応対、ファイリング、文書作成などオフィスワークが主な仕事で、企業にはなくてはならない存在です。

一般事務

経理事務

企業のお金を管理する
会社経営に密接に結びつく仕事

出入金管理・伝票整理から決算書・貸借対照表・財務諸表の作成など、企業のお金の流れを管理する仕事です。

経理事務

事務・経理ビジネスコースの特徴

POINT
1

日商簿記2級の合格を
目標に学ぶ

経理事務に必要な知識として会計の基礎から段階的に学習し、日商簿記検定2級の合格をめざします。
POINT
2

国家資格ITパスポートの
合格を目標に学ぶ

経営全般に関する知識や、セキュリティ・ネットワークなどについて学び、国家資格であるITパスポートの合格をめざします。
POINT
3

事務職に必要な知識とスキルを
学ぶ

契約書、報告書、依頼文など、事務職の基本となる文書作成技法や、ビジネスマナー、PCスキルなどをバランスよく学びます。

カリキュラム

1年次

基礎分野授業方法専門分野授業方法
ファイナンシャルプログラムⅠ講義簿記Ⅰ(仕訳・簿記の基礎から決算まで 等)講義
キャリアプログラムⅠ・Ⅱ講義簿記Ⅱ(商業簿記 等)講義
ビジネス教養Ⅰ講義簿記Ⅲ(工業簿記 等)講義
コンピュータ実習Ⅰ・Ⅱ実習簿記Ⅳ(本番試験演習 等)講義
英会話Ⅰ・Ⅱ実習簿記Ⅴ(本番試験演習 等)講義
コミュニケーションスキル講義 実習 ITパスポートⅠ(経営全般・IT全般の知識 等)講義
ビジネス実務講義オフィススタディ実習
クラス演習Ⅰ・Ⅱ 講義ビジネス文書技法講義
  コンピュータ会計実習

2年次

基礎分野授業方法専門分野授業方法
ファイナンシャルプログラムⅡ・Ⅲ講義簿記Ⅵ(商業簿記演習 等)講義
キャリアプログラムⅢ・Ⅳ講義簿記Ⅶ(工業簿記演習 等)講義
ビジネス教養Ⅱ講義簿記会計(財務諸表 等)講義
英会話Ⅲ実習 ITパスポートⅡ(模擬試験・過去問題演習 等)講義
業界・企業研究講義プレゼンテーション基礎講義
クラス演習Ⅲ・Ⅳ講義特別演習講義
実践スキルアップ講義テーマ別演習Ⅰ〜Ⅲ講義 実習

ピックアップ授業

簿記会計

簿記

「日商簿記検定2級」の合格をめざし、段階的に簿記を学びます。基礎からしっかり学ぶことができるので、初めて簿記を学ぶ方も安心です。
ITパスポート

ITパスポート

経営戦略、財務、法務といった経営全般に関する知識とセキュリティ、ネットワークといったITの専門知識やプロジェクトマネジメントにつて学びます。
オフィススタディ

オフィススタディ

秘書としての必要資質、職務知識、一般知識、マナー接遇、技能等を学び、ロールプレイングを通して面接役立つ実践的なスキルを身につけます。

時間割(例)

 
1限目
9:30-11:00
簿記会計簿記会計秘書知識簿記会計簿記会計
2限目
11:10-12:40
MOS秘書技能 ITパスポートコンピュータ会計ビジネス文書
3限目
13:40-15:10
MOSビジネス教養ファイナンシャルプログラム ITパスポートキャリアプログラム
4限目
15:20-16:50
クラス演習個別面接指導・進路相談等

※1時限は90分です
※時間割は時期によって異なります
※個別指導・面接指導は必要に応じて随時実施いたします

就職と資格

目指せる職業例

  • 一般事務
  • 経理事務
  • 秘書・受付
  • 総務事務
  • 営業事務
  • オペレーター

目指せる資格例

  • 日商簿記検定2・3級
  • ITパスポート
  • 秘書技能検定
  • ビジネス文書検定
  • コンピュータ会計能力検定
  • Microsoft Office Specialist(MOS)
  • PowerPointプレゼンテーション技能認定試験
  • その他
職種紹介
事務の仕事とは?
営業事務や総務事務など事務職にもいろいろな種類があります。事務の仕事は「正確さ」と「スピード」が求められ、その中心となる書類作成や伝票処理等の仕事をするためには部門全体の仕事にも精通していなければなりません。また事務というと後方的な仕事のイメージがあるかもしれませんが、経営の方向性を判断するような戦略的資料を作成する仕事や法的知識を必要とする仕事もあります。
メイン資格
日商簿記検定2級
なぜ簿記の資格をめざすのか…
企業活動において売上、経費、資産、負債等の数値管理は経営を左右する重要な仕事です。日商簿記検定はこれらの知識や能力を証明する資格であり、一般企業の経理事務を担当する場合には2級レベルが求められます。また経理以外の事務職でも計数能力は求められ、事務職をめざす方には必要な資格になるからです。

先輩からのメッセージ

事務・経理

株式会社なとり
神奈川県立荏田高等学校出身 Kさん(左)
東京都立江戸川高等学校出身 Sさん(右)
同じクラスで一緒に学び、
同じ企業に一緒に就職。



《SHOKA&HOKA》本校での2年間で印象に残っている授業はなんですか?
《Kさん》私はやっぱり毎日あった簿記の授業が印象に残ってます。
《Sさん》簿記の勉強もたくさんしたので印象に残ってますが、私は秘書検定の授業かなぁ。教科書に載っていないような社会人のマナーも教えてもらえたので、すごく勉強になりました。
《SHOKA&HOKA》ふたりともたくさん資格とってましたよね。
《Kさん》資格をとるための授業が多かったので、とれる資格は結構とれたんじゃないかな。
《Sさん》日商簿記検定と秘書検定とMOSのWordとExcelとビジネス文書検定と・・・。
《Kさん》あとコンピュータ会計能力検定とか。
《SHOKA&HOKA》就職活動はどうでしたか?
《Sさん》とにかく笑顔でいようと心がけていました。明るく笑顔で元気よく(笑)
《Kさん》そう、第一印象がとても大事なので。あと身だしなみとか。
《Sさん》就職活動は緊張することもたくさんありますが、ストレスをためないことも大事だなって思います。たまには友だちと遊びに行って楽しむことも、就職活動を乗り切るには大切だと思います。
《Kさん》周りのみんなが本格的に就職活動を始め出すと、どうしても周りと自分を比較しちゃって焦りがちになるんですが、自分のペースや、自分のスタイルを大切にしたほうがいいと思います。

事務・経理

NTTインターネット株式会社
東京都立忍岡高等学校出身 Hさん
内定までのプロセスが
しっかりある学校。



経理職に興味があったので、専門学校で簿記を学ぼうと思いました。入学してすぐの時間割が簿記がとても多くて印象的でした。就職活動から内定までのプロセスがしっかりしている学校で、実際に学校推薦で希望していた経理職に就職することができたので良かったと思います。優しい先生ばかりなので安心して2年間学ぶ事ができました。