MENUCLOSE

CLOSE

ビジネスキャリア学科のポイント

入学後のキャリアガイダンスを経て、自分で学びたい分野を選択する
ビジネスキャリア学科

なりたい自分を探すことからスタート!

なりたい自分を探すのは大変なこと。
なぜならば…

将来、自分がどのような職業で生きていくかを考えることだから、職業選びは単にお金を稼ぐためだけのものではありません。 お手伝いとしてのアルバイトではなく、正社員として働くということは、重要な仕事選びで真剣に考える必要があります。 当校では、2年間の教育課程の中で、皆さんに”将来の自分”について可能性を広く持ってもらうために、職業選択の幅が大きい「ビジネスキャリア学科」を設置しました。

ビジネスキャリア学科のポイント

POINT
1

3年から5年の先まで継続してチャレンジしたい職種や業界を選ぶ

社会の変化は激しく、あまり長期的に職種や業界を今の時点で決めることには大きなリスクがあります。
まずは、現実味のある3年から5年先の自分の将来をイメージすることから始めましょう。
POINT
2

自己分析で自分の強み、興味を生かす選択を

職業選択は、自分の過去の経験からわかる自分の強みを発揮できる職種選択が実現しやすい傾向にあります。
しかし、逆に弱みは、これからの努力次第で克服可能です。
まずは、自分が興味がある職業の調査から始めるのがいいでしょう。
POINT
3

大企業、有名企業の安定性へのあまり大きな期待は禁物

毎年、新卒学生が憧れる大企業、有名企業への就職。就職は他人からの見た目ではありません。
本当の幸せな就職とは、自分自身で”この会社で少なくとも3年以上は頑張っていける”と思える企業との出会いだと考えます。

ビジネスキャリア

新卒での職業選択が重要
 

人生100年時代における就職、転職活動は、多くの場合2回以上あると予想できます。
新卒での就職活動においては、採用側は学生の潜在能力を評価して採用する場合が多く、 逆に2回目以降の中途採用は、即戦力としての実力を評価するために本人のそれまでの過去の職務経歴を重視します。したがって、新卒で3年以内に退職するケースの場合は、次の会社では即戦力評価はできず、第2新卒採用として取り扱われ、給与等の処遇に数年遅れた水準で転職することになります。
キャリア形成の基礎期間として、少なく とも3年以上頑張って勤務できる就職先を選んでほしい理由がここにあります。

入学から就職までの流れ

東京商科・法科学院専門学校

本校のビジネスキャリア学科では、販売・営業,事務・経理の分野、ホテル・サービスの分野、不動産業界・宅建士の分野をめざすことができます。

入学後の約2週間は、毎日キャリア教育の時間です。この時間を使用して、自身の将来の姿をイメージするとともに、そのために自分は何を学ぶのかを選択します。

学生時代には、学校での学びやアルバイトなどの経験を通して自分の将来のなりたいイメージは変化するものなので、入学後、めざすコースの変更は可能です。

選択できる3つの分野

販売・営業,事務・経理のプロをめざす

経営・ショップビジネスコース
様々な業界の販売職・営業職、事務職・経理職をめざします。

ホテル・サービスのプロをめざす

観光・ホテルビジネス学科2部
シティホテル、ビジネスホテル、リゾートホテルなどのホテル業界またはレストランなどのサービス業界への就職をめざします。

不動産業界・宅建士のプロをめざす

行政書士・宅建士コース2021
不動産業界で必須となる国家資格「宅地建物取引士」と「賃貸不動産経営管理士」の取得をめざします。