MENUCLOSE

CLOSE

公務員・法律学科とは

国家公務員、地方公務員、警察官、消防官をめざす!!
行政書士、宅地建物取引士の合格をめざす!!
東京商科・法科学院

公務員・法律学科のポイント

少人数制による授業を実施している本校だからできること

学生と先生の距離が近い

だから、学生のペースによる授業が可能

学生と先生の距離が近い

プラス

いつでも質問できる環境がある

だから、わからないことを明日に持ち越さない

いつでも質問できる環境がある

↓

その結果、理解できる。自信がつく。
合格に近づく
初めて学ぶ方にもわかりやすい授業

初めて学ぶ方にもわかりやすい授業

本校には、公務員試験や法律資格試験を初めて勉強する方でもわかりやすいように工夫された授業があります。合格への導きとして基礎からきちんと勉強し、日々、力をつけながら同じ目標をもつクラスメイトとともに、合格レベルまで達するカリキュラムになっています。
ミニテストで学生と教員が弱点項目を共有

ミニテスト

本校は、応用力や試験対応力の基本となる基礎力を重視している学校です。そのために授業あるいは単元終了ごとに「ミニテスト」を実施し、教員と学生が「理解できていること」と「理解できていないこと」を共有することで、弱点の克服にチカラを入れています。
わからないことがあるけど、何となく質問しづらい…
そう感じたことはありませんか?
いつでも質問したいときに質問できる授業環境が東京・商科法科にはあります。

一方通行ではない学生と教員との双方向授業

「質問する」ということは「わからないことがあって、そのわからないことを解決する」という自らの大切な行動です。
本校の授業は、「ここまでで、わからないことはありませんか」という教員から学生への問いかけを数多く行い、
学生の「質問したい」という気持ちや「質問しよう」という行動を教員が導く授業を行っています。

入学から就職までの流れ

基礎力を
身につける

「1点」にこだわる
各試験では1点でも合格基準を下回れば合格できません。本校ではこの「1点の差」は基礎的学習の充実度にあると考えています。「わからないことを明日に持ち越さない」学生と教員との距離が誓いからできる基本的な指導方針です。

基礎力を身につける

応用力を
身につける

「試験問題」に慣れる
基礎力を基に実際に出題された過去問題を解いていきます。ここでは基礎力だけでは解答できない問題を把握し、その解法やテクニックを身につけ、試験に課せられる全分野の問題になれるまで徹底して指導いたします。

応用力を身につける

合格力を
身につける

「合格点」をとる
過去の受験データに基づいた本試験対応の答案練習を繰り返し実施いたします。分野ごとの試験に対する時間配分や、個人ごとの解答相違の傾向を把握し「1点」でも多く得点できるよう全力でバックアップします。

合格力を身につける

公務員コース、警察官・消防官コース

国家公務員、地方公務員、警察官、消防官などの公務員試験合格をめざします。

1年次に公務員試験に最終合格し本校を
退学される場合、2年次の学費は必要ありません

高校在学時に公務員試験1次に合格した方は
1年次前期授業料から15万円を免除

行政書士・宅建士コース

2年間で法律国家資格(行政書士・宅地建物取引士)の合格をめざします。宅建士取得後に不動産業界等への就職活動のサポートもあります。

再進学された方が法律資格を
取得するため多く在籍

法律資格取得を目的としたカリキュラムなので、
ダブルスクールの必要がありません

「宅建士」を取得して就職活動の可能

法律資格を取得して大学編入も可能

本校卒業生の司法書士・行政書士のサポート