MENUCLOSE

CLOSE

働きながら学ぶ
夜間部2年制

事務・情報ビジネス学科Ⅱ部

保護者の方に大きな経済的負担をかけることなく「自力進学」し、簿記やコンピュータの知識やスキルを身につけ、事務職・経理職をめざします。卒業時に「専門士」が付与されます。
事務・情報ビジネス学科Ⅱ部

活躍の場

一般事務

オフィスワーク全般を担当する
企業にはなくてはならない存在

電話応対、ファイリング、文書作成などオフィスワークが主な仕事で、企業にはなくてはならない存在です。

一般事務

経理事務

企業のお金を管理する
会社経営に密接に結びつく仕事

出入金管理・伝票整理から貸借対照表・財務諸表の作成や資金計画など、企業のお金の流れを管理し、経営をサポートします。

経理事務

事務・情報ビジネス学科II部の特徴

POINT
1

昼は学生社員、
夜は専門学校生

昼間は提携企業で学生社員として働きながら実務知識の習得とともに収入を得て、夜は資格・検定の取得をめざして勉強します。
POINT
2

日商簿記など事務職に
必要な資格をめざす

日商簿記検定を中心に、事務職や経理職として就職するために必要な資格や検定の取得をめざします。
POINT
3

提携企業と学校が
学生をサポート

仕事や勉強だけでなく、学生がきちんと自立した生活ができるよう、提携企業と学校が協力しながらサポートしています。

カリキュラム

1年次

基礎分野授業方法専門分野授業方法
ビジネス実務講座講義簿記Ⅰ(簿記の基礎から決算まで 等)講義
コンピュータ実習Ⅰ・Ⅱ実習簿記Ⅱ(商業簿記 等)講義
キャリアププログラムⅠ・Ⅱ講義簿記Ⅲ(工業簿記 等)講義
ファイナンシャルプログラムⅠ・Ⅱ講義 ITパスポートⅠ(経営全般・IT全般の知識 等)講義
時事・教養Ⅰ・Ⅱ講義オフィススタディⅠ(マナー、文書作成・管理 等)講義
業界企業研究Ⅰ講義オフィススタディⅡ(オフィスネットワークの基本 等)講義

2年次

基礎分野授業方法専門分野授業方法
キャリアプログラムⅢ・Ⅳ講義 ITパスポートⅡ(セキュリティ・ネットワーク 等)講義
ファイナンプログラムⅢ講義 ITパスポートⅢ(模擬試験・過去問題演習 等)講義
時事・教養Ⅲ講義 IT基礎(Access 等)講義
プレゼン基礎講義コンピュータ会計実習
業界企業研究Ⅱ講義ファイナンシャルプランニング基礎講義
ビジネスケーススタディ講義プレゼンテーション演習講義 実習
  スキルアップ講座講義
  卒業研究実習

ピックアップ授業

企業実習(就業)

インターンシップ

昼間は本校の提携企業で学生社員として働きます。事務職・販売職を中心に、実際にお客様に接することにより、座学では得られない実務経験を積むことができます。
簿記

簿記

日商簿記検定合格に向けて、簿記の基礎から決算まで基礎から学びます。帳簿記入・勘定記入・試算表作成などはミニテスト等で確認しながら進めます。
ITパスポート

ITパスポート

経営全般に関する知識、セキュリティやネットワークなどのITの知識、プロジェクトマネジメントの知識などを学び、ITパスポートの合格をめざします。

時間割(例)

 
 提携企業で就業(原則週5日勤務、2日休み)
1限目
18:00-18:45
簿記会計簿記会計 ITパスポート MOS簿記会計休日休日
2限目
18:45-19:30
簿記会計簿記会計 ITパスポート MOS簿記会計
3限目
19:40-20:25
IT基礎オフィススタディコンピュータ会計キャリアプログラムビジネス文書技法
4限目
20:25-21:10
IT基礎オフィススタディコンピュータ会計ファイナンシャルプログラムビジネス文書技法

※1時限は45分です
※時間割は時期によって異なります

就職と資格

目指せる職業例

  • 一般事務
  • 経理事務
  • 秘書・受付
  • 総務事務
  • 営業事務
  • オペレーター

目指せる資格例

  • 日商簿記検定2・3級
  • ITパスポート(国家資格)
  • 秘書技能検定
  • ビジネス文書検定
  • コンピュータ会計能力検定
  • Microsoft Office Specialist(MOS)
  • PowerPointプレゼンテーション技能認定試験
  • Accessビジネスデータベース技能認定試験

先輩からのメッセージ

事務・情報ビジネスⅡ部

鴻池運輸株式会社
秋田県立大館国際情報学院高等学校出身 Iさん
働きながら学んで、
これからの人生に活きるような
大きな財産を手に入れました。


初めは、憧れの東京に行ける!というワクワク感と、本当にやっていけるのかなという不安が半々でした。それでも絶対にやめたりせずに頑張ろう!という気持ちで上京しました。昼に仕事をして、夜学校に行くという生活は決して楽ではありませんでしたが、継続してやり通すことで自身もつきましたし、得られることもたくさんありました。同じクラスのみんなも同じように働きながら学んでいるので、とても励みになります。大変ではありますが、決して無駄な2年間にはなりません。ここでの経験が大きな財産となって、これからの人生に活きてくると思います。