MENUCLOSE

CLOSE

公務員試験合格者VOICE(公務員・警察官・消防官コース)

 公務員試験 最終合格(一部抜粋)

東京商科・法科学院 合格

千葉県警察官 合格 Bさん
学校が休みの日も問題集を何度も何度も繰り返し復習しました。試験前には体調管理にも気を遣って、万全の状態で臨めるよう工夫しました。

東京商科・法科学院 合格

東京23特別区・国家公務員税務職員 合格 Sさん
公務員試験に合格するためには、あきらめない強い気持ちが大切です。あきらめて勉強をやめてしまうのは楽ですが、あきらめてしまえば何も実現することはありません。

国家公務員一般職

国家公務員一般職 合格 Tさん
公務員試験に合格するためには、試験に合格したいという気持ちを最後まで持ち続けることと、それに向かって努力を怠らないことが大切です。試験直前の夏は休みの日も学校に行って勉強しました。

東京23特別区・川口市職員

川口市職員・東京23特別区 合格 Kさん
あきらめない気持ちがとても大切です。わからないところは質問して基本をとにかく繰り返し、毎日学校に行って今まででいちばん頑張れたと思います。結果につながらず辛かった時もありましたが、先生が背中を押してくれて、最後まで頑張ろうという気持ちを持ち続けることができました。

神奈川県警

神奈川県警察官 1年半合格 Sさん
授業で習ったことをきちんと復習し、覚えなけ何度も復習することがればいけないポイントをしっかり押さえ、効率良く勉強できるよう心がけました。

千葉市職員

千葉市職員 合格 Sさん
少人数制なので、先生が一人ひとり丁寧に教えてくれましたし、合格するためのデータが揃っていたので、とてもいい環境だったと思います。落ちついた雰囲気が自分に合っていたと思いますし、過去問題を毎日のように何度も繰り返し解き、答案練習を重ねることで、自分に自信がつきました。

青森県職員

青森県職員 合格 Sさん
目標点に達するために、どの教科の点数をあげていくかきちんと分析しながら試験対策をすることができました。1次試験合格まではあきらめないで勉強に集中すること、2次試験では自分の言葉でしっかりと考えを伝えることが大切です。

千葉県小中学校事務

千葉県小中学校事務職員 合格 Oさん
こつこつ学校のプリントなどを復習することで公務員になるという目標を達成することができました。公務員試験に合格するために大切なことは、決してあきらめないことだと思います。頑張れば頑張った分だけ自分に返ってくると思いますので、何事にも手を抜かないことが大切です。

相模原市職員

相模原市職員 合格 Mさん
先生が一人ひとり期にかけてくださるのでとても勉強しやすかったと思います。落ちついて勉強できる環境が自分にとても合っていましたし、わからないところはいつでも質問できる雰囲気がありました。2次試験のためのアドバイスもたくさんいただけました。

警視庁

警視庁警察官 合格 Gさん
親に負担をかけずに自分の力で進学できるところにひかれて、夜間部への進学を決めました。働きながら学ぶことで、社会の厳しさや、仕事のやりがいなど、たくさんのことを学ぶことができましたし、多くの仲間ができました。仲間と支え合いながら乗り越えた2年間で、一生の財産を得たと思っています。

埼玉県警察官

埼玉県警察官 合格 Kさん
とにかく楽しい学生生活を送れたのはすべて友だちのおかげです。これからも大切にしたいと思う友だちがたくさんできたことが、何よりも良かったと思います。夢を叶える人は必ず努力していると思います。たった一度の人生なので、2年間精一杯努力しました。

静岡県警

静岡県警察官 合格 Aさん
公務員試験意合格するためには途中であきらめないことが大切です。わからない問題も積極的に質問し、あとは他人よりも少しでも多く、自主的に勉強をするように心がけました。また、効率よく勉強を続けるためにも、自分に合った勉強方法を見つけることも大切だと思います。

須坂市消防官

須坂市消防官・千葉市消防官他 合格 Tさん
公務員試験意合格するためには、自分の目標を決めて、それに向かって努力することが大切だと思います。筆記試験の勉強のために、電車の中など、少しの時間でも有効に使って地道に勉強を続けました。明確な目標を立て、自分を信じる気持ちを切らさずに頑張れば、必ず結果が出ると思います。

自衛官一般曹候補生

自衛官一般曹候補生(海上) 合格 Mさん
なるべく親に負担をかけたくないと思い、働きながら学ぶことに決めました。仕事と勉強の両立は大変でしたが、とても充実した2年間だったと思います。いつまでも一緒にいたいと思える仲間ができて本当に良かったし、みんなのおかげでなりたい自分になれました。

自衛官一般曹候補生

自衛官一般曹候補生(海上) 合格 Sさん
自分の力だけで公務員をめざそうと思い、夜間部への進学を決めました。昼間働いてからの勉強は大変ではありましたが、こういう環境の中で2年間勉強を続けられたことが、自分にとって大きな自信になりましたし、とてもいい経験ができたと思いますとにかく毎日授業に出て、少しずつでもいいから勉強を続けることが何よりも大切です。

1年合格!

本校では1年次に希望する公務員試験に合格し「合格退学」する学生もめずらしくありません。多くの学生が1年次から積極的に公務員試験を受験し、チャンスをつかんでいます。
※1年次での合格し、公務員として就職する場合は、2年目の学費は必要ありません

能代市職員1年合格

能代市職員  1年合格 Sさん(2016年9月試験最終合格)
授業を大切にして、自宅に帰ってからも最低1時間は毎日勉強するようにしました。また、働きながら学ぶことで自信がつきましたし、お客様に接することが面接にも役立ったと思います。

北アルプス広域消防

北アルプス広域消防本部  1年合格 Sさん(2016年9月試験最終合格)
授業ではノートをしっかりとり、毎日授業を振り返りながら少しずつ暗記するようにしました。目標をしっかりと決めて、努力を惜しまないことが大切です。

警視庁1年合格

警視庁警察官  1年合格 Kさん(2015年9月試験最終合格)
時間を見つけてコツコツ勉強を続けることが大切です。面接試験では自分自身の言葉で伝えられるように、きちんと対策できたと思います

埼玉県警1年合格

埼玉県警察官  1年合格 Tさん(2015年9月試験最終合格)
学校では定期的に模擬試験があったので、目標点を決めて、間違ったところはしかり復習しました。絶対にあきらめずに何度もチャレンジして、自分を見直すことが大切です。

警視庁・神奈川県警

警視庁警察官・神奈川県警察官  1年合格 Eさん(2014年5月試験・9月試験最終合格)
まずは目標をしっかりと決めることが大切です。あとは公務員試験に合格したいという気持ちを持ち続けることです。

警視庁1年合格

警視庁警察官  1年合格 Tさん(2015年1月試験最終合格)
クラスのみんなが頑張っている姿を見て、自分も負けられないという気持ちになれたので、最後まであきらめずに頑張り通すことができたと思います。

横浜市役所Oさんのサクセスストーリー

卒業生のOさんは、お母さんの母校でもある本校へ進学し、見事、第1志望の「横浜市職員」に合格しました。

横浜市

決め手はオープンキャンパス。自分に合う学校だと思いました。
公務員をめざすために専門学校への進学を決めたOさんは、お母さんの母校である本校のオープンキャンパスに参加しました。そこで出会った先生、学校の雰囲気、授業内容などで本校への進学を決めたそうです。少人数制で面倒見のいい学校、そこが自分にとても合うと感じたそうです。

横浜市

母校へ息子が進学!
親子2代で目標を達成しました。

息子のOさんが本校への進学を考えていると聞いたときには、大変驚かれたそうです。思い出の詰まった母校へ息子が通うというのは、とても不思議な感じがしたそうですが、地元の横浜市役所に合格が決まったときは、大変喜んでおられました。卒業から25年以上経った今でも、当時の仲間や先生との交流があるそうです。

横浜市

大切なのは、公務員になるんだという自覚をもって
日々の生活を送ること

現在は、横浜市の保土ヶ谷区役所に勤務し、毎日多くの方の対応をさせていただいております。区役所に来られる方 は、一人ひとり求めるものが違いますから、スムーズな対応をするためには、さまざまな知識をつけなければなりません。周りの方からいろいろなことを教わりながら、今も勉強の毎日です。公務員になるには、試験対策はもちろん、礼儀、言葉遣いなど、日々の生活態度も重要だと思います。実際に公務員として就職してからはたくさんの方との出会いがあり、その多くが自分より年上の方ばかりです。配属先での人間関係を築いていくのは、いい仕事をするためにとても大事なことだと思いますので、学生時代に優しく、ときに厳しく指導された、礼儀、挨拶など、目上の方や友人への接し方は、今になってその大切さが身 にしみてわかります。 試験勉強はもちろん大切ですが、学校の授業に真面目に出席していれば大丈夫だと思います。公務員試験の対策だけではなく、法科ではこれから社会人になっていく上で、大切なことをたくさん学ぶことができると思います。まずは挨拶から始めて、将来公務員になるんだという自覚をもちながら頑張ってください 。