MENUCLOSE

CLOSE

活躍する卒業生VOICE

川口市職員
少しづつでいいから努力を続けて
最後まであきらめない
I・Kさん
夜間部卒業 岩手県立高田高等学校出身

東京商科・法科学院 卒業生

親に負担をかけずに公務員試験の勉強をする

親に負担をかけずに公務員試験の勉強ができるのが魅力でした。また、先輩が進学していたこともあって、先生からの勧めもありました。働いた経験がなかったし、朝が苦手なので朝から夕方まで働くことができるか自信がなかったです。部活で鍛えていたので、続けることに不安はありませんでした。

最後まであきらめずに頑張る

毎日登校して授業を受ける、わからないことは先生に質問してそのままにしない、冬休みや夏休みでも学校が開いているときは学校で勉強する、ということを1年生のときからずっと続けて、2年生になってからは答案練習のあと、わからなかったところの復習を帰りの電車の中や寝る前にしていました。あきらめてしまえば決して合格はできません。なかなか結果につながらず泣いたこともありましたが、先生に背中を押していただき、最後まであきらめずに頑張ろうと思えました。

自立し、コミュニケーション力もつける

先生方が最後までサポートしてくださったおかげで、最後まで頑張ることができたと思います。また、昼働いて夜勉強するのは大変でしたが、自立できたし、コミュニケーション力をつけることもできました。小中高と皆勤したことがなかったので、皆勤賞とれたのが嬉しかったです。

みなさんへメッセージ

自分と先生を信じて少しずつ努力する
働きながら学ぶのは正直楽ではありませんが、社会人になる前に自信につながるいい経験ができます。職場も学校もサポートしてくれるし、あきらめなければ両立はできると思います。自分自身と先生を信じて少しずつ努力するのがおすすめかな、と思います。