MENUCLOSE

CLOSE

活躍する卒業生VOICE

日本板硝子環境アメニティ株式会社
働きながら学ぶことで
社会人としての責任を実感
A・Aさん
夜間部卒業 秋田県立大館国際情報学院高等学校出身

東京商科・法科学院 卒業生

親に負担をかけずに社会経験を積む

働きながら学ぶ制度なら社会経験を積むことができるし、学費の面でも両親に負担をかけずに済むのが魅力で進学しました。はじめは不安もあって慣れるまでは大変でしたが、徐々に時間を上手に使えるようになり、充実した毎日を送れるようになったと思います。

明るく挨拶をすること

昼間はクイーンズ伊勢丹でレジや接客の仕事を経験しました。実際に働く中で、明るく挨拶することがいかに大切かを学びましたし、ミスのないよう確認しながら仕事をこなすことができたと思います。

成長できたと実感できる2年間

仕事と勉強を両立する生活は大変でしたが、時間の使い方が上手になったと思いますし、社会人としての責任というものを知ることができたと思います。さまざまな資格を取得できましたし、自分自身成長できたと実感しています。

みなさんへメッセージ

自立して生活するということ
自立して生活するというのは大変なこともありますが、自分にとってとてもいい経験になるはずです。

日本板硝子環境アメニティ株式会社

東証一部上場企業である日本板硝子株式会社のグループ会社で、防音ドア・化粧吸音材をはじめ、ピアノ防音室・音楽ホール・学校音楽教室などの調査・測定から設計・施工を行っています。