MENUCLOSE

CLOSE

活躍する卒業生VOICE

行政書士
法律はおもしろい
まずは学生時代に
資格をとること
Y・Mさん
昼間部卒業

東京商科・法科学院 卒業生

法律はおもしろい

法律が面白いと思ったのは、高校時代に読んでいた雑学の本がきっかけです。社会は法律と契約(=法)で成り立っています。法は私たちの生活・人生に深く関わるものです。知っていて損することはありません。

専門性をもつ

行政書士試験を取得すれば、いつでも独立することができます。行政書士が活躍できるフィールドはかなり広く、数多くの手続きがあることを忘れないで下さ い。得意な分野を絞れば、アイディアと工夫次第で仕事の幅を拡げられると思います。現代社会の多様なニーズに応えるためにはそれなりの研修・進化・発展が 必要です。現在は信頼のおける仲間たちとそれぞれの士業者の強い分野を活かし、同じ建物内でワンストップサービスの提供をはじめました。私は建設業・宅建 業・産廃業といった業者の許認可を中心に活動しております。学生の頃から誰にも負けない好きな分野をつくれば、スペシャリストとして活躍する場が増えると 思いますよ。

資格は学生時代に取得すること

とにかく在学中に資格をとってしまうことが大事です。法律に関して初心者の皆さんがきっちり1年程度の学習が必要という意見は正しいと思われますが、大学受験のようにライバルを気にする必要はありません。それを乗り越えられる人は、合格率は気にする必要ないでしょう。

行政書士

依頼者の権利や財産を守るため、官公庁に提出する書類などを作成し、手続きの代理をします。扱う書類は数千種類以上あり、幅広く活躍できます。