MENUCLOSE

CLOSE

活躍する卒業生VOICE

黒石地区消防事務組合
(現 弘前地区消防事務組合)
親に頼らず自立したかった
かけがえのない2年間でした
S・Yさん
夜間部卒業 青森県立黒石商業高等学校出身

東京商科・法科学院 卒業生

親に頼らず自立したかった

高校卒業後は親に頼らず自立したいと思っていました。一度、県外に出ていろいろな経験をしたかったですし、たくさんの仲間が欲しかったので、法科で働きながら学ぶことに決めました。自分の力で生活し、学びたいことを学んだ2年間で、かけがえのない経験をすることができたと思います。また働くことの大切さも直に感じることができました。社会人と同じように働き、仕事が終わってからの勉強は、中途半端な気持ちではできませんが、得るものはとても大きいと思います。

工夫しながらひたすら問題を解く

公務員試験対策として、とにかく多くの問題を解きました。時間を計ったり、テスト形式でやったり、いろいろな工夫をしながら丁寧に問題を解く。分からない問題は解答を見ながら自分で考えて解いてみる。それでも分からないときは先生に質問して理解するようにしました。

消防官として故郷を守る

現在は消防官として、火災消火活動、救助、救急、通信指令員等の業務をしています。どのような災害にも素早く対応できるよう日々訓練を積んでいます。火災を鎮火させた時や、人を救助できた時にはとてもやりがいを感じますが、災害が起きないよう予防することも大切なので、予防活動にも力を入れています。故郷とそこで暮らす人々を守ることのできる消防官になりたいと思います。